ごあいさつ

i Labo株式会社は、水素を再生可能エネルギーと並ぶ新たなエネルギーの選択肢とすべく、その生成・貯蔵・供給・利用に向けた様々な動きが加速する中で、「内燃機関の水素化技術」及びそのために必要な「水素供給に関する情報の提供」するエンジニアリング企業です。

内燃機関は、近代産業の発展に不可欠な動力源として長年に亘り最適化されてきた技術ですが、化石燃料がもたらす排出ガスによる環境劣化への懸念が近年増大しています。

自動車業界では、脱化石燃料のソリューションとして、電動モーターを動力源とするEV、FCV (燃料電池車)の開発•実用化が乗用車部門を主体に進められています。
そしてこの流れを受けて、内燃機関自体をグリーン化しようという選択肢は、市場において見逃されています。

しかし、内燃機関は、高い出力を持続的に必要とする重量トラック•トレーラー、船舶、重機、発電機等、乗用車以外の多くの市場分野に様々な環境条件に適応しながら貢献している基幹技術であり、それぞれの市場は多くの人達によって支えられています。

また、一つ一つの分野の市場は巨大な乗用車市場に比べれば小規模ですが、これらの分野が現在排出している地球温暖化ガスの総量は、全乗用車からの排出量の1.5倍(日本の場合)に及びます。

地球規模での急速な環境変化への対策が待った無しになりつつある現在、私達は、その根本的なソリューションでもある水素社会の早期実現には、高出力用途の動力源である内燃機関の水素化事業が不可欠であると信じ、

  • この動力源を現在活用されている全ての分野のユーザー
  • この動力源を使った機器を製造されている全ての分野の企業
  • この動力源の水素化(コンバージョン)に関わる全ての企業
  • 水素供給の市場化を促進されている企業
  • 水素化したこの動力源の有効活用を期待する世界中のユーザー

の皆様と、内燃機関の水素化を含む水素活用のリーディングカンパニーとして、協力関係を築いていく所存です。

会社概要

会社名 i Labo株式会社
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 bizcube 7F
TEL 03-5931-8197
URL     https://ilabo-corp.com
設立 2019年11月1日
役員 コ・ファウンダー      岩崎 哲夫
代表取締役社長         中山 泉
代表取締役               山根 公高
取締役副社長            石川 哲也
取締役                     片桐 量
取締役                     須賀 美也子
事業内容 □ 内燃機関の水素化の市場情報提供および技術コンサルテーション
□ 内燃機関水素化の研究開発、試作、設計、プロジェクトマネジメント
□ 内燃機関水素化のレトロフィットに対する製造プロセス認定
□ 内燃機械水素化に関わる人材育成および技能認定
□ i Laboオリジナル(デザイン)部品提供(Fabless事業)

アクセス

Management

岩﨑哲夫

取締役 会長


日本大学法学部中退、試験装置メーカー勤務、大手商社電子部門で専門商社起業に参加、シリコンバレーAppliedMaterials(世界最大の半導体製造装置メーカー・1兆2千億円企業)と合弁会社AMJ設立、同社の日本代表・本社シニアVP兼任、コマツとAppliedMaterialsの合弁会社グローバル企業AKT(液晶パネル製造装置・1千億円)を設立し世界1位に育てる・同社CEO、コンサルティング企業IIOSS設立し取締役会長に就任、韓国最大財閥サムスン電子の社外重役就任、国際経営者協会代表理事(会長)就任、シティグループCVCアジアパシフィックシニアアドバイザー就任、ミニットアジアパシフィック(株)会長就任、日本政策投資銀行業務懇談員就任、アクセンチュアハイテックラウンドテーブル委員に就任、Horizon倶楽部創設・共同代表、その他数社(エムログ・フロンテオ・ビービット・RISU・正林国際特許商標事務所)の顧問を受諾してきた。


中山泉

代表取締役社長


東京大学理学部物理学科卒業。
日本真空技術㈱(現㈱アルバック)にて半導体製造装置副事業部長、技術企画室 長、マサチューセッツ州ボストン近郊に本社を置く㈱アルバック米国法人社長を 歴任、シリコンバレーに本拠地を置く世界最大の半導体製造装置メーカー Applied Materials社にて新世代半導体製造プロセスの開発・実用化等のプロ ジェクトを指揮した後、Edwards Japan Ltd. (当時)取締役日本ビジネスGMとし て日本市場向け新規市場開拓及び販売・サービスを統括。その後、国際的な先端 産業向け製造装置・機器メーカーに社外取締役、コンサルタントとして関わる一 方、Horizon倶楽部共同代表として多様な業種の経営層間の交流に努めている。


山根 公高 博士(工学)

代表取締役


武蔵工業大学大学院機械工学専攻科(現 東京都市大学)在学中に、元武蔵工業大学学長であった古浜庄一先生と、日本で初めて水素エンジンの研究を行う。
日産自動車株式会社にて水素エンジンの研究,固体ロケットエンジンの設計・開発,ラムジェットエンジンのシステム研究等に従事した後、1992年武蔵工業大学工学部水素エネルギー研究センターの助教授として着任。1996年に新設されたエネルギー基礎工学科の助教授(現准教授)に就任。同時に、水素エネルギー研究センターも兼務し、水素エンジン,水素燃料供給装置,液体水素ポンプ,液体水素タンクの研究を推進。水素関連の様々な委員を務めた後、現在は、国家プロジェクト「水素安全利用等基盤技術開発」のISO/TC197「水素エネルギー技術標準化委員会」委員,「自動車技術会」学会の「ガス燃料エンジン専門部会」委員担当,および「水素インフラに関する安全技術検討委員会」委員(2004~)、NEDO技術委員(2008~)も務めている。 2012年6月に、博士論文「水素を燃料とする内燃機関の実用化研究」で、横浜国立大学大学院工学府より博士号(工学)を取得。


石川哲也

取締役副社長


法政大学工学部機械工学科を卒業後、水処理業界を経てアプライドマテリアルズ ジャパンに入社。新製品開発プロジェクトの一員として87年より米国シリコンバレーに駐在し、各種新製品の開発と改善に貢献した後、91年より現地社員として移籍。成膜、蝕刻や前後処理を始めとする各種のウェハー前工程装置開発を手掛け、数多くの業界初と呼ばれる製品にて、業界の微細化技術発展に貢献する。2004年に米国AMAT社、初代フェローのタイトルを得る。その後半導体関連以外にも、環境及びエネルギー関連の新製品及び技術開発責任者などを歴任。2011年に米国にて、高輝度RGBを目指したNanowire LEDのスタートアップに参画し、2012年に次世代露光装置用EUV光源の製品開発担当VPとしてCymer社(現在のASML)で大型装置開発の為の技術とインフラ構築に貢献。2014年より米国Apple社にて次世代バッテリー製造の技術開発を担当し、エネルギー密度、寿命と安全性を向上させる為の多岐に渡る分野での開発に従事。


片桐量

取締役


一橋大学商学部にて会計学を専攻。
日系大手銀行にてODA機関への出向後、香港支店にて国際金融に従事。その後、製造業企業での経営企画、国際監査法人系のアドバイザリー会社(事業再生、M&Aに従事)を経て独立。アジア系企業とのネットワークを活用し、中国資本企業や韓国資本企業の東京市場をターゲットとしたIPO支援、インドネシア進出日系企業の現地法人に対するコンサルティング及びFA業務に注力。


須賀美也子

取締役


明治大学経営学部経営学科卒業
日本初の医療用および産業用CO2レーザーメーカーである日本赤外線工業株式会社(現 株式会社エムエムアンドニーク)で会社初の女性営業として新規顧客開拓に従事。その後、株式会社ミダスにて、プロジェクトマネージャーとして外資系企業を中心にオフィスデザインプロジェクトを多数手がけ、2008年より同社取締役。2011年より海外進出企画、香港法人を設立しCEOとして事業化を指揮。2016年より特殊鉄鋼専門商社で中国、ベトナム、シンガポール海外(中国、ベトナム、シンガポール)市場及び国内新規顧客開拓に従事。